〒302-0023 茨城県取手市白山6-19-18
(西取手駅から徒歩6分/取手駅から徒歩16分、車で5分)駐車場あります

090-5491-0829
受付時間
10:00~20:00
  定休日 
不定休

今の自分があるのもいろんな恋をしたからだと思っています。泣いたり、笑ったり、失敗して後悔したことも沢山あります。でも、今となってはどの経験も必要だった。そう思える自分がいます。このページでは私の良き思い出・しくじりを公開していきます。幼稚園から書きますよー♪

幼稚園の時

私は小学1年生の冬まで、東京の中野区のおんぼろアパートに住んでいました。お風呂もなくて、銭湯に通っていましたし、台所で体を洗ったこともありますよ。銭湯で飲むコーヒー牛乳美味かったな~。当時でさえ古く感じたのに、まだあるらしい。あれから37年(母情報)ほんとか??(笑)

当時幼稚園は2年保育でした。入園したのは4歳ですね。その頃、よく兄に「太っている。」「デブ」とか言われて、園でもらった誕生カードにも「デブ」ってボールペンで書かれたものがいまだに残っています(笑)小さいながらに傷つき、食事を気を付けるようになって、母に「ほらー、そんなこと言うから食べなくなっちゃったじゃない。」という話をしていたのを今でも覚えています。

そのせいか、少し痩せて、年長さんでは、色黒の背の高い男の子に「話がある」って滑り台の上に呼ばれて…。「引っ越す事」と「好きだということ」を告白されたことを覚えています。なんて返事したかは覚えていませんが、今思えば、引っ越す前に気持ちを伝えようなんてなんてませた男の子だ♡とにやけてしまいます。私よりませているなんて…(笑)可愛い思い出です♡きっと今でも気持ちを伝えるのが上手な紳士になっていることでしょうね♡

小学生の恋

小学5.6年の時、どちらかというと目立つタイプの人が好きでしたね。でもちょっといいなと思っても、嫌な面や嫌な事をされたら即嫌いになるタイプでした(笑)でも、中々話したり出来ず…。女子は恋バナが好きですし、恋愛漫画も読みます。ませていますから、友達と一緒にリボン(漫画)の付録のハガキかなにかで好きな男の子に暑中見舞いを出してみたり…。勿論返信なしですが(笑)男ってそんなもんですよね。どう思ったかな♡なんてドキドキしてましたね~。休み明け学校へ行ってみると、「そういえば、ハガキくれたよね。」とか言われて!何でくれたんだろう?ぐらいにしか思ってないはず(笑)恥ずかしかった記憶があります。(*^-^*)

そして、小学校卒業してから、普段からよく関わっていた男の子(別の学校に進学)から、中学に上がる時にラブレターをもらいました。普段から好意は感じていましたが…。それが、当時流行っていた少年隊の「君だけに」の替え歌バージョンの手紙で…。あまりにも熱い内容でまだ小学生で気持ち悪く感じてしまって…。(笑)友達に「ありえなくない?」なんて話をしていら立ったのを覚えています。(ごめんなさい)彼は一生懸命書いてくれたのに…。その子の気持ちも考えずにひどい言葉で返事を書いて送ったのです。多分、「気持ち悪いから2度と書いてこないで!」みたいな内容だったと思います。後になって、ひどすぎたなと思い返し、謝りの手紙を書いて送りました。よく関わっていただけに、ストレートに返してしまったのです。その子にとってどんな思い出になったのだろうか…。ちょっと気になる。○○あの時はごめんね!

中学生~現在まで

中2で私が1つ年下の彼を好きになり中3で付き合うようになりました。彼とは高2の冬まで2年半ほど付き合っていました。将来の夢を語りあったり、たわいもない会話をし、一緒に帰ったり、試合の応援に行ったり、体育祭では手首にリボンのお守りを付けたりとお互いの存在をパワーにしていました。今思い出しても、彼は女性の心をつかむのが上手すぎるほどでした。焼きもちを焼く彼の同級生の後輩にも、嫌な目で見られたりもしましたが、そんな時も守ってくれました。高校はお互い違うけれど自宅最寄り駅をすぎた私のバイト先まできて「一緒に帰ろう」とバイトが終わるまで待ってくれたり…。この話を聞いて「重い」と思う人もいるでしょう。でも私達はお互いの恋愛観が同じだったんですね。嬉しいと思うことが一緒。だから長く続いたし、喧嘩もあまりしなかった。良い思い出ばかりでした。

でも、人って、当たり前の幸せに慣れすぎてしまうと、他の楽しいことに興味が行くと大事なものが見えなくなってしまうんです。当時私は同じ高校の同じクラスの男女4人でよくカラオケに行ったり、友達の家に行って遊んでいました。彼の事よりその内の1人の男の子が気になりだしていたんです。だから、友達優先にしていて、だんだん彼を構わなくなってきたんです。初めは彼に私から別れ話を出しました。その時は重く感じてしまったくらい彼は嫌がりました。でも、それから友だち優先にして遊びつづけ、しばらくした頃、やっぱり気になっていた彼より今の彼が好きだと確信しました。

そんな時、彼からちょうど電話が。私も謝ってちゃんとやり直したい。そう思っていたところでした。彼は明るくこういいました。「あっちゃんの好きなようにしていいよ。だからもう終わりにしよう。」と。毎日のように連絡をとっていたのが冷たい態度をとって、2週間くらいほったらかしにして、きっと彼は一生懸命考えた末に出した結論だったのでしょう。もう、いくら何を私が言っても彼の気持ちは変わることはありませんでした。彼にはすぐに新しい彼女ができました。それまでもモテていた彼。男女で遊びに行こうと誘われても、私の事を考えて断ってくれていた。でも私は彼の気持ちと反した事をしていた。そんな私に見切りをつけたのです。

好きになって、付き合うようになって同じ価値観で心地いい存在で大好きだった彼に、とうとうあいそうつかれて振られたのです。その直後私はその気になっていた彼と付き合いました。彼を吹っ切るために。でも、2か月で終わりました。私の恋愛観を新しい彼に押し付けようとしていたからです。前の彼はこうしてくれた。すぐに比べて言っていました。そんな事言われたら嫌ですよね。だから振られたんです。でもショックではありませんでした。

しばらくして、今度は年下の彼ができました。その彼は家庭環境も複雑だから、朝よく学校を遅刻したり、休むようになっていました。おせっかいな私はちゃんと学校に来るように言ったり、世話を焼こうとしてしまうんです。でも、彼はもう学校に来なくなりました。この彼とも2か月くらいでしたね。

こんな調子で私はすぐに自分の心の支えを探していました。私と恋愛観の合う人はいないのか…。そう思う度に前の彼を思い出し、

「大好きになった人・自分を大事に想ってくれている人を1番大事にしよう。」「大事な人を悲しませないように。」と学びました。そして自分に合うタイプ・合わないタイプが分かってきました。

その後はバイトの先輩と3年お付き合いして先輩のご両親にも会わせていただいて、結婚も考えていましたが…。先輩は好きな子が出来たらしくまたまた振られてしまったわけです(悲)振られ三昧(笑)

この恋を吹っ切るために今でいう婚活パーティーで今の主人と出会い4年の交際を経て結婚したわけです(*^^*)この主人との交際もいろいろありました。でも、今もこうして長年いるわけです。お互い嫌な所も正直ありますよ(笑)それでもこうして一緒にいてくれている主人に感謝感謝です。二人の娘に恵まれたのも主人に出会えたから。だからこの家族を大切にしていきたい。

今の私はこうした恋愛をしてきた中で人を愛することの素晴らしさ、想い・想われる幸せを学んできたと思っています。恋愛は失敗するからいいんです。失敗しないとちゃんと学べない。自分の何がいけなかったのか分かるようになりますし、どんな人なら無理なく合うかも分かってきます。お見合いでも同じです。失敗から学ぶことも沢山ありますよ!

ここは結婚相談所です。みなさん結婚相手を探しています。私のように自分の思うように相手を変えようとしてもうまくいきません。自分に合う人は必ずいます。でも、私もあなたも異性にとって完璧な人ではありませんし、完璧になる必要もないんです。自分が無理なく楽しく幸せになれるようなお相手をみつけましょう。ドキドキよりも、安心感。ビジュアルが好みでも中身が合わなければ結婚しても長く続きません。お相手が自分を想ってくれているなら、そのお相手としっかり向き合ってみる。この人じゃない。と選びすぎていてはいつになってもあなたの理想のパートナーは見つかりません。お見合いを組む中で自分にとって大事にしたい事も見つけていきましょう。

 どうぞお気軽にお問合せください

茨城県取手市・龍ヶ崎市・北相馬郡利根町・守谷市・つくばみらい市、つくば市、千葉県我孫子市・柏市で婚活をお考えの方、結婚相談所をお探しの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。(オンラインでしたら全国可)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ

090-5491-0829

営業のお電話はご遠慮ください

受付時間:10:00~20:00(不定休)